home ユーザーガイド 基本情報 ヘルプセンター ドキュメンテーション コミュニティ トレーニング 認証
menu
close
settings
Looker keyboard_arrow_down
language keyboard_arrow_down
English
Français
Deutsch
日本語
search
print
LookerでのLookの表示

これまでにダッシュボードの表示と使用の方法を学習してきました。このチュートリアルでは、保存したLookを閲覧および使用する方法をご案内します。

他のユーザーに影響を与えることなく、Look上で好きなだけ閲覧、クリックができます。他のユーザーに影響を与えるのは、[編集]ボタンをクリックして変更を行った場合のみです(詳しくは、Lookの保存と編集のドキュメンテーションページを参照してください)。Lookの表示を習得したら、探索およびビジュアリゼーションの作成について学びましょう。

Lookの表示または探索の選択

表示したいLookが見つかった場合、表示する方法は2つあります。

  1. 基になるデータを参照したいだけなら、Lookの表示を選択します。
  2. さらにデータを調査するための開始点として使用したいなら、Lookの探索を選択します。

このチュートリアルでは、単にデータを表示する方法について解説します。データの探索について知りたい場合は、Lookerでのデータ探索ページを参照してください。

Lookを理解する

Lookを表示すると、以下の項目が並んでいます。

Lookで[読み込み時に実行]オプションを無効にしている場合、データは自動的には読み込まれません。データを読み込むには、右上部にある[実行]ボタンをクリックします。Lookの保存と編集ドキュメンテーションページに説明があります。

  1. Lookのタイトル。
  2. レポートの実行にかかった時間とデータの新しさについての情報。
  3. データがどれくらい前にクエリされたか(日付と時間を表示するには、関連する時間情報にマウスオーバーします)。
  4. 管理者がユーザー固有のタイムゾーンを有効にしている場合、表示しているデータのタイムゾーン。
  5. レポートについての詳細。例えば、説明(追加された場合)、Lookを含むスケジューリングされた配信のリスト、Lookを含むダッシュボードなどです。

残りの項目は好みに応じて表示または非表示にできます。

  1. レポートに適用されているフィルタ(もしあれば)のリスト。Lookの作成時に調節可能なフィルタを設定した場合は、一時的にフィルタを変更して、関心のある情報だけをレポートに表示できます。変更を加えたら、右上部にある[実行]ボタンを忘れずに押してください。[編集]をクリックし、編集モードにして変更を加えない限り、フィルタへの変更は一時的なものに留まり、他のユーザーには影響しません。
  2. Lookのデータに関連するチャート。
  3. 各データポイントに関するその他の詳細。チャート上のポイントにマウスオーバーすることで表示されます。
  4. Lookのデータの基になる数値。レポートの調節も可能です。

    • 並べ替え順序。列の見出しをクリック(複数の列を選択するときはshiftキーを押したままクリック)すると、列の値を並べ替えられます。Lookerは自動的に結果を調節し、必要であれば自動的にクエリを返します。
    • 行と列の制限。制限に変更を加えた後には、必ず右上部の[実行]ボタンを押し、新しい制限でクエリを実行してください。

    [編集]をクリックし、編集モードにして変更を加えない限り、並べ替えまたは制限に加えた変更は一時的なものに留まり、他のユーザーには影響しません。

  5. LookMLで定義された説明がフィールドに存在する場合、表の列見出しにマウスオーバーすると説明が表示されます。

  6. 権限に応じて、各ディメンションまたはメジャーラベルの横に紫のアイコンが表示される場合があります。このアイコンの[Go to LookML]リンクをクリックすることで、Looker開発者はデータモデリング言語を表示できます。

Lookの表示中に、フィルタの変更、列の並べ替え順序の変更、行の制限の変更などを行った場合、[Reset Look]をクリックして、Lookの元の設定に戻すことができます。

Lookerの使い方に慣れてくると、保存されたLookを出発点として、さらに深くデータを探索できるようになります。あるデータセットを起点に、フィルタを変更したり、ビジュアリゼーションを変更したり、データを並べ替えたり、その他の変更を加えたりすることで、関連する疑問の答えを調べることができます。このような探索の可能性については、データ探索チュートリアルで学ぶことができます。

タイムゾーンの選択

Looker管理者がユーザー固有のタイムゾーンを有効にしている場合、自分のタイムゾーンを選択できるメニューが表示されます。

現在のタイムゾーンは、Lookの右上部に表示されます。クリックして新しいタイムゾーンを選択します。

タイムゾーン設定は、[today]や[yesterday]などのフィルタ適用時に結果として表示されるデータに影響を及ぼします。詳しくは、タイムゾーン設定の使用のドキュメンテーションページを参照してください。

Lookへのドリルダウン

Looker開発者が有効にしていれば、レポートの値にドリルダウンできます。

例えば、GenderFemaleTraffic SourceDisplayUsers Countをクリックします。

すると、Displayのトラフィックソース経由でサイトを訪問した595人の女性顧客についての[Details]ウィンドウが表示されます。

[詳細]ウィンドウで行の制限に達したデータセットについては、すべての結果をダウンロードするためのリンクが表示されます。コンテンツのダウンロードのドキュメンテーションページに表示されているものと同じオプションを使用し、リンクをクリックしてデータをダウンロードできます。

Looker管理者がビジュアルドリルラボ機能を有効にしている場合、ドリルのビジュアリゼーションが常にデフォルトのデータ表になるわけではありません。代わりに、Lookerは各ドリルに表示するのに最適なビジュアリゼーションタイプを選択します。ドリルからのビジュアリゼーションが表ではない場合、ボタンを使用してデフォルトのビジュアリゼーションタイプとデータテーブルを切り替えることができます。

Lookのビジュアリゼーションへのドリルダウン

Lookerでは、Lookのビジュアリゼーションをドリルダウンすることで、データポイントに関するより詳細な情報を得ることもできます。それには、ビジュアリゼーション内で、より詳しい情報を得たい部分をクリックするだけです。

Looker開発者がなんらかのカスタムビジュアリゼーションタイプを含めていた場合、そうしたビジュアリゼーションにドリルダウンできないことがあります。

特定の項目をクリックすると、実行するドリルのタイプを選択できます。下記の例では、左側のFemaleドーナツグラフで[検索]スライスをクリックしています。これには2つの異なるオプションがあります。検索で当社を見つけた1,438人の女性顧客すべての行レベルデータを表示するか、ビジュアリゼーションにフィルタを適用して女性のみに絞り込むかのどちらかを選べます。

“Female”でフィルタすることを選んだ場合、ビジュアリゼーションは次のようになります。

表示されるオプションは、使用しているデータやビジュアリゼーションによって変わります。

リンクとアクションの使用

フィールド内のデータの後の3つのピリオドは、リンクまたはアクションが存在することを示します。

リンクの使用

Looker開発者がデータにクリック可能なリンクを追加することがあります。

フィールド内のデータをクリックすると、リンク先を開くかどうかの選択肢が表示されます。上の例では、開発者がブランド列へのリンクを追加しています。ブランド一覧をクリックすると、そのブランド名でGoogle検索を行うかどうかの選択肢が表示されます。

アクションの使用

Lookerの管理者と開発者は、統合サービスを設定し、そのサービスへのアクセスを提供するためにフィールドにタグを付けることができます。そうしたフィールドをクリックすると、そのサービスにデータを送信することを選択できます。

上の例では、電話番号フィールドにTwilioサービスへのリンクが設定されています。電話番号をクリックし、Twilioのアクションを選択すると、メッセージを入力するよう促されます。入力すると、Twilioによってその電話番号にメッセージが送信されます。

ナビゲーションショートカット

Lookの探索中は、左上のドロップダウンを使用して、同じフォルダ内の他の項目に移動できます。

モバイル端末でのビジュアリゼーションの表示

Lookerには、Lookのビジュアリゼーションをモバイル端末で閲覧する際に、データに関する情報を簡単に表示できる次のタッチオプションが用意されています。

まとめ

このページでは、既存のLookの表示方法とLookの概要を学びました。自分でレポートを作成する方法を知りたい場合は、Lookerでのデータ探索のドキュメンテーションページをご覧ください。

それ以外の場合は、次のセクションでフォルダを使用してコンテンツを編成する方法を学びましょう。

Top