ユーザーガイド 基本情報 ヘルプセンター ドキュメンテーション コミュニティ トレーニング
Looker
  
English
Français
Deutsch
日本語
プライベート埋め込み

パブリック埋め込みに加えて、Look、Explore、ダッシュボードをプライベートに埋め込んでLookerのログインが必要になるようにすることもできます。ユーザーが認証されていない場合、エラーメッセージを表示するか、ログイン画面を表示するオプション(以下の手順を参照)があります。

ログインし、プライベートに埋め込まれたコンテンツにアクセスしているユーザーは、ログイン状態を保持できる時間、複数のブラウザからログイン可能かどうか、または一定時間の操作がない場合にログアウトされるかどうかをセッション管理パネルで設定する対象になります。

より高度な埋め込みソリューション、またはカスタマイズ可能な埋め込みソリューションが必要な場合は、シングルサインオン埋め込みページをご覧ください。

埋め込まれたコンテンツは、コンテンツのプロダクションバージョンを常に反映しています。コンテンツに影響を与えるものの、プロダクションにまだデプロイされていない、開発モードで加えられた変更すべては、埋め込みでは表示されません。

Lookを埋め込む

Lookのビジュアライゼーションを埋め込むには、次の手順を実行します。

  1. 保存されたLookを開きます。
  2. そのURLをコピーします。
  3. URLの/looks//embed/looks/に変更します。次に例を示します。

    https://instance_name.looker.com/looks/4
    

    上記を以下のように変更します。

    https://instance_name.looker.com/embed/looks/4
    
  4. 新しいURLをiframeに配置します。次に例を示します。

    <iframe
      src="https://instance_name.looker.com/embed/looks/4"
      width="600"
      height="300"
      frameborder="0">
    </iframe>
    
  5. 必要なiframeを埋め込みます。

Exploreを埋め込む

Exploreのビジュアライゼーションを埋め込むには、次の手順を実行します。

  1. 保存されたLookから[Explore from Here]を選択するか、Exploreページに移動し、必要なビジュアリゼーションを作成します。
  2. ExploreページからURLをコピーします。あるいは、URLパラメーターを修正または追加する場合、右上の歯車メニューから[共有]を選択して、拡張URLをコピーします。
  3. URLの/explore//embed/explore/に変更します。次に例を示します。

    https://instance_name.looker.com/explore/my_model/my_explore?...
    

    上記を以下のように変更します。

    https://instance_name.looker.com/embed/explore/my_model/my_explore?...
    
  4. 新しいURLをiframeに配置します。次に例を示します。

    <iframe
      src="https://instance_name.looker.com/embed/explore/my_model/my_explore?..."
      width="1000"
      height="1000"
      frameborder="0">
    </iframe>
    
  5. 必要なiframeを埋め込みます。

ダッシュボードを埋め込む

ダッシュボードを埋め込むには、次の手順を実行します。ダッシュボードの歯車メニューから[Preview Dashboard]を選択して、ダッシュボードを埋め込んだときにどのように表示されるかを確認します。

  1. 保存されたダッシュボードを開きます。
  2. そのURLをコピーします。
  3. URLの/dashboards//embed/dashboards/に変更します。次に例を示します。

    https://instance_name.looker.com/dashboards/1
    

    上記を以下のように変更します。

    https://instance_name.looker.com/embed/dashboards/1
    
  4. 新しいURLをiframeに配置します。次に例を示します。

    <iframe
      src="https://instance_name.looker.com/embed/dashboards/1"
      width="1000"
      height="2000"
      frameborder="0">
    </iframe>
    
  5. 必要なiframeを埋め込みます。

Lookerインスタンスのデフォルトテーマを使用して埋め込みダッシュボードが表示されます。デフォルトテーマから表示設定を変更する方法は2通りあります。

ダッシュボードの埋め込みの外観を変更する

埋め込み設定を使用して、ユーザー定義のダッシュボードが埋め込まれるときの表示方法を調整することができます。(埋め込みLookMLダッシュボードについては、embed_styleパラメーターを参照してください。)

埋め込み設定は、現在のダッシュボードにのみ適用されます。複数の埋め込みダッシュボードの外観をカスタマイズする場合は、代わりにテーマを使用します。

ダッシュボードの埋め込み設定は、ダッシュボードの埋め込みURLで指定されるカスタムテーマや、URLで指定される個々のテーマ要素のいずれによってもオーバーライドされます。

ダッシュボードが埋め込まれるときにどのように表示されるかを設定する方法:

  1. ダッシュボードの歯車メニューをクリックして、[埋め込み設定の編集]を選択します。
  2. ダッシュボードのタイトルやフィルタを表示するか、非表示にするかを選択します。
  3. カラーボックスをクリックして、ダッシュボード要素の色を調整します。
  4. また、[変更の取消]をクリックしてダッシュボードに最後に保存された埋め込み設定に戻すことも、[デフォルトに戻す]をクリックしてすべての設定をLookerインスタンス上のすべての埋め込みダッシュボードに使用されているデフォルト設定に変更することもできます。
  5. [保存]をクリックして変更を保存するか、[キャンセル]をクリックして変更を保存せずにウィンドウを閉じます。

ダッシュボードの埋め込み設定を削除する

ダッシュボードの特別な埋め込み設定を削除する場合:

  1. ダッシュボードの歯車メニューをクリックして、[埋め込み設定の編集]を選択します。
  2. [デフォルトに戻す]をクリックします。
  3. [保存]をクリックします。

プライベート埋め込み用のログイン画面を有効にします

埋め込みURLにパラメーターallow_login_screen=trueを追加すると、まだログインしていないユーザーに対してログイン画面を表示することができます。次に例を示します。

<iframe src="https://instance_name.looker.com/embed/looks/4?allow_login_screen=true"></iframe>
                                                        ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

このパラメーターを追加しない場合、まだログインしていないユーザーに対して401エラーが表示されます。

Lookerログインページの同源保護を使用すると、プライベート埋め込み用のログイン画面を有効にするのを防ぐことができます。

Top