home ユーザーガイド 基本情報 ヘルプセンター ドキュメンテーション コミュニティ トレーニング Certification
menu
close
settings
Looker keyboard_arrow_down
language keyboard_arrow_down
English
Français
Deutsch
日本語
search
print
Lookerをデータベースに接続

データベースの保護設定が完了したら、次にデータベースをLookerに接続することができます。

新規データベース接続の作成

[管理]>[接続][データベース]の下)を選択します。[接続]ページで[New Connection]をクリックします。

Lookerがホストするデータベースをまだ設定していない場合は、[New Connection]ページの上部に[Existing Database]タブと[New Database]タブの2つのタブが表示されます。

[New Connection]ページの上部にこれらのタブが表示されない場合は、このページの既存のデータベースのセクションを参照してください。

既存のデータベース

Lookerに[接続の設定]ページが表示されます。

[接続の設定]ページに表示されるフィールドは、ダイアレクト設定によって異なります。上記の例では、Amazon Redshiftで設定可能な接続の設定を示しています。

ユーザー属性を接続設定に適用する方法について詳しくは、ユーザー属性のドキュメンテーションページの接続のセクションを参照してください。

[PDT Overrides]列を使って、PDTプロセスに別のログイン資格情報を設定する方法について詳しくは、PDTプロセスのために別のログイン資格情報を設定するのセクションを参照してください。

LookerをAmazon Redshiftに接続する際、以下のオプションを設定できます。

名前

接続に付ける名前です。フォルダの名前を使用することはできません。これはユーザーが割り当てる単なるラベルであり、データベースの何らかの値に一致する必要はありません。LookMLモデルのconnectionパラメーターで使用します。

Dialect

接続に一致するSQLダイアレクトです。適切な接続オプションが表示され、LookMLがSQLに適切に変換されるよう、必ず正確な値を選択してください。

Host:Port

データベースのホスト名と、Lookerがデータベースホストへの接続に使用するポートです。

以前にLookerでデータベースへのSSHトンネルを設定した場合は、[Host]フィールドに"localhost"と入力し、[Port]フィールドに、データベースにリダイレクトするポート番号を入力してください。このポート番号は担当のLookerアナリストから提供されます。

ユーザー属性を[Host]フィールドに適用する場合、ユーザー属性のユーザーアクセスレベル[Editable]に設定することはできません。

データベース

ホスト上のデータベースの名前。例えば、my-instance.us-east-1.redshift.amazonaws.comという名前のホストがあり、その上にsales_infoというデータベースがある場合は、このフィールドにsales_infoと入力します。同じホスト上に複数のデータベースがある場合、それらを使用するには複数の接続を作成する必要があります(MySQLの場合は例外で、データベースという言葉は、ほとんどのSQLダイアレクトとは意味が少し異なります)。

OAuthの使用

SnowflakeおよびGoogle BigQuery接続では、オプションでOAuthを使用することができます。この場合、ユーザーがLookerからクエリを発行するにはSnowflakeまたはGoogleへのログインがそれぞれ必要です。

[Use OAuth]を選択すると、[OAuth Client ID]フィールドと[OAuth Client Secret]フィールドが表示されます。

これらの値は、SnowflakeデータベースまたはGoogleから生成されます。詳細な手順については、Snowflake OAuthの設定またはGoogle BigQuery OAuthの設定を説明するドキュメンテーションページを参照してください。

Username

Lookerがデータベースの接続に使用するユーザー名です。データベースの設定に関するインストラクションに従って、前もってユーザーを設定しておく必要があります。

パスワード

Lookerがデータベースの接続に使用するパスワードです。データベースの設定に関するインストラクションに従って、前もってパスワードを設定しておく必要があります。

Schema

スキーマが設定されない場合に使用されるデフォルトのスキーマです。これは、SQL Runnerを使用しているとき、LookMLプロジェクトを生成するとき、テーブルのクエリを実行するときに適用されます。

永続的な派生テーブル

永続的な派生テーブルを有効にするには、このボックスにチェックを付けます。チェックすると、[Temp Database]フィールドと[PDT Overrides]列が表示されます。このオプションは、選択したデータベースダイアレクトがPDTの使用をサポートしている場合にのみ表示されます。

Temp Database

これには[Temp Database]のラベルが付いていますが、SQLダイアレクトに合わせてデータベース名またはスキーマ名を入力します。この値を使用して永続的な派生テーブルが作成されます。このデータベースまたはスキーマには、適切な書き込み権限を前もって設定しておく必要があります。データベースの設定に関するインストラクションのドキュメンテーションページで、データベースダイアレクトを選択し、そのダイアレクトの説明を表示します。

各接続には独自の一時データベースまたはスキーマが必要です。複数の接続で共用することはできません。

Max PDT Builder Connections

これにより、接続で並列でビルドできる永続派生テーブルの最大数が設定されます。この並列テーブル数はデフォルトでは1ですが、最大で10に設定できます。ただし、[Max Connections]フィールドで設定されている値、またはLookerの開始オプションで設定されているper-user-query-limitの値よりも大きい値を設定することはできません。

この値を設定するときには注意してください。値が大きすぎると、データベースの負荷が高くなります。値が小さいと、長期実行PDTが原因で他のPDTの作成が遅れるか、その接続の他のクエリが遅くなります。マルチテナントに対応するデータベース(BigQuery、Snowflake、Redshiftなど)は、並列クエリビルドのパフォーマンスが比較的高いかもしれません。——

適切な目安として、このフィールドには最初に小さな値(1または2)を設定し、クエリのパフォーマンスに影響が出ないものとして1ずつ増加してみます。

[Max PDT Builder Connections]の設定に関わらず、以下のタイプのPDTは同時ではなく連続的にビルドされます。

Additional Params

必要に応じて、ここでクエリに追加のJava Database Connectivity(JDBC)パラメーターを指定することができます。

JDBCパラメーターでユーザー属性を使用する場合は、Liquid templatingを使用できます。構文は_user_attributes['name_of_your_user_attribute']です。次に例を示します。

my_jdbc_param={{ _user_attributes['name_of_attribute'] }}

Lookerの[Additional Params]フィールドの例です。

PDT and Datagroup Maintenance Schedule

この設定は、再生成または削除するデータグループと永続的な派生テーブル(sql_trigger_valueに基づく)を、Lookerがいつチェックするかを示すcron式を受け入れます。

デフォルト値は*/5 * * * *で、「5分ごとにチェック」します。これは最も高い頻度です。cron式でさらに高い頻度が指定されても、5分ごとのチェックになります。

データベースが年中無休で稼働していない場合は、稼働時にのみにチェックすることもできます。以下に、さらにいくつかのcron式を示します。

cron 定義
*/5 8-17 * * MON-FRI データグループとPDTを、月曜から金曜の営業時間に5分ごとにチェック
*/5 8-17 * * * データグループとPDTを、毎日、営業時間に5分ごとにチェック
0 8-17 * * MON-FRI データグループとPDTを、月曜から金曜の営業時間に1時間ごとにチェック
1 3 * * * データグループとPDTを、毎日3:01amにチェック

cron式を作成するときの注意事項:

以下のリソースは、cron文字列を作成する際に役立ちます。

SSL

データがLookerとデータベース間で渡される際に、データを保護するためにSSL暗号化を使用するかどうかを選択します。SSLはデータの保護に使用できる唯一のオプションです。他の保護オプションについては、セキュアなデータベースアクセスを可能にするのドキュメンテーションページを参照してください。

Verify SSL Cert

接続で使用されるSSL証明書の確認を求めるかどうかを選択します。確認が必要な場合は、SSL証明書に署名したSSL認証局(CA)が、クライアントの信頼できるソースのリストに含まれていなければなりません。CAが信頼できるソースではない場合、データベース接続は確立されません。

このボックスにチェックを付けない場合、接続でSSL暗号化は使用されますが、SSL接続の確認は要求されません。そのため、CAがクライアントの信頼できるソースのリストにない場合でも接続を確立できます。

Max Connections

Lookerがデータベースと確立できる最大接続数を設定できます。ほとんどの場合、Lookerがデータベースに対して実行できる同時クエリ数を設定します。また、クエリの強制終了用に、最大3つの接続を予約します。接続プールが非常に小さい場合は、予約される接続数も少なくなります。

この値は注意深く設定する必要があります。値が高すぎると、データベースに負担をかけることになります。値が低すぎると、複数のクエリがわずかな接続数を共用しなければなりません。クエリは、前のクエリが返されるのを待たなければならないため、ユーザーには遅く感じることがあります。

一般に、まずデフォルト値(SQLダイアレクトによって異なる)を使用することをお勧めします。ほとんどのデータベースには、受け入れる最大接続数について独自の設定もあります。データベース設定で接続数が制限される場合は、[Max Connections]の値がデータベースの制限以下であることを確認してください。

Connection Pool Timeout

ユーザーが最大接続数設定を超える接続を要求した場合、他の要求が終了するのを待ってからその要求が実行されます。要求が待つ最大時間はここで設定します。この値は注意深く設定する必要があります。値が低すぎると、他のユーザーのクエリが完了する十分な時間がなく、ユーザーのクエリはキャンセルされる場合があります。値が高すぎると、多数のクエリが作成され、ユーザーは長い時間待たされる場合があります。一般に、まずデフォルト値を使用することをお勧めします。

SQL Runner Precache

SQL Runnerでは、ユーザーが接続とスキーマを選択するとすぐに、テーブル情報が事前にロードされますこれによって、テーブル名をクリックすると即座にテーブル列が表示されるようになります。ただし、多くのテーブルや大規模なテーブルを持つ接続とスキーマの場合は、SQL Runnerですべての情報を事前にロードしないようにすることもできます。

テーブルが選択されたときにのみテーブル情報がロードされるようにするには、[SQL Runner Precache]オプションのチェックマークを外して、接続のSQL Runnerの事前ロードを無効にします。

Database Time Zone

時間に基づく情報をデータベースで保管するときのタイムゾーンです。Lookerは、ユーザーのために時間の値を変換するため、この値が必要です。これにより、時間ベースのデータをユーザーが理解して使用しやすくなります。詳しくは、タイムゾーン設定の使用のドキュメンテーションページを参照してください。

Query Time Zone

[Query Time Zone]オプションは、ユーザー固有のタイムゾーンを無効にした場合にのみ表示されます。

ユーザー固有のタイムゾーンが無効になると、[Query Time Zone]は、時間ベースのデータに対してユーザーがクエリを実行したときに表示されます。また、Lookerは時間ベースのデータをデータベースのタイムゾーンからこのタイムゾーンに変換します。

詳しくは、タイムゾーン設定の使用のドキュメンテーションページを参照してください。

PDTプロセスのために別のログイン資格情報を設定する

データベースで永続的な派生テーブルがサポートされており、接続設定で[永続的な派生テーブル]ボックスをチェックした場合は、[PDT Overrides]列が表示されます。[PDT Overrides]列で、PDTプロセスに固有の別のJDBCパラメーター(ホスト、ポート、データベース、ユーザー名、パスワード、スキーマ、その他追加のパラメーター)を入力できます。これは次のような理由で非常に重要です。

OAuthを使用するSnowflakeまたはGoogle BigQuery接続ではPDTはサポートされません。

例えば、以下の設定は、ユーザー名フィールドとパスワードフィールドがユーザー属性に設定されている接続を示しています。こうすると、各ユーザーが個別の資格情報を使用してデータベースにアクセスできます。[PDT Override]列は、独自のパスワードを持つ別のユーザー(pdt_user)を作成します。pdt_userアカウントは、PDTの作成と更新に適切なアクセスレベルを使用して、すべてのPDTプロセスに使用されます。

[PDT Overrides]列により、データベースユーザーとその他の接続プロパティを変更できますが、すべてのオーバーライドは同じ接続を使う必要があります。Lookerは、1つの場所からデータを読み取って別の場所に書き込むことができません。PDTオーバーライドは、デフォルト接続と同じデータを読み取り、そのデータを同じ場所に書き込む必要があります。

接続設定のテスト

資格情報を入力したら、[Test These Settings]をクリックして、情報が正しく、データベースが接続可能であることを確認します。

接続が1つ以上のテストに合格しない場合は、次の情報を確認してください。

SnowflakeGoogle BigQueryなど、OAuthを使用するデータベース接続ではユーザーのログインが必要です。このような接続をテストするときにOAuthユーザーアカウントにログインしていない場合、警告と[ログイン]リンクが表示されます。このリンクをクリックして、OAuth資格情報を入力するか、またはLookerによるOAuthアカウント情報へのアクセスを許可します。

それでも障害が続く場合は、Lookerサポートに連絡してください。

データベース接続の追加

データベース接続を設定してテストしたら、[Add Connection]をクリックします。データベース接続が[接続]ページのリストに追加されます。

新しいデータベース

であるLookerマーケットプレイスで使用するため、[New Database]タブでは、新しいLooker管理データベースを作成したり、分析データをロードしたり、Looker分析アプリケーションや構築済みモデルに接続したりすることができます。これにより、通常は24時間以内に、あらゆる機能を備えた分析スイートを立ち上げて実行状態にしておくことができます。

データベースの作成

[New Database]タブをクリックすると、[Add a new database]ページが表示されます。

自分の名前とメールアドレスを入力して、[Create Database]をクリックします。メールアドレスは固有のものでなければなりません。同じメールアドレスを2度使用することはできません。

新しいデータベースは、標準期間である3週間、無料体験版として利用できます。無料体験の後、Lookerから感想を尋ねる問い合わせがあります。管理対象サービスの利用を継続しないことにする場合は、データベース接続を単に削除することができます。

データソースへの接続

Lookerにより新しいデータベースが作成された後、Lookerの[Connect Data Sources]ページが表示されます。

Looker分析アプリケーションまたはモデルに入れるためにダウンロードする元のデータソースの下の[Connect]をクリックします。そのデータソースのためのユーザー資格情報を入力するよう、Lookerから求められます(Google広告のカスタマーIDなど)。

ユーザー資格情報を入力し、[Authorize]をクリックします。データのダウンロードがすぐに開始され、通常、24時間以内に完了します。

接続が確立されたら、[Connection Details]をクリックして接続の設定情報を表示することができます。

接続の表示

新しいLooker管理対象接続が確立されたら、[Connections]ページの[Looker Managed]セクションの中にその接続が表示されます。

他のデータベース接続と同じようにして、その接続に対してテスト編集その他のアクションを実行することができます。さらに、[Add Data]ボタンをクリックすると、[Connect Data Sources]画面に戻り、追加のデータソースからデータをダウンロードすることができます。

データベース接続の削除

データベースとの接続を削除するには、Lookerの[管理]セクションの[接続]ページを使用して、他のものを削除する場合と同じように接続を削除します。

次のステップ

データベースをLookerに接続したら、ユーザーのサインインオプションの設定に進むことができます。

Top