home ユーザーガイド 基本情報 ヘルプセンター ドキュメンテーション コミュニティ トレーニング 認証
menu
close
settings
Looker keyboard_arrow_down
language keyboard_arrow_down
English
Français
Deutsch
日本語
search
print
Looker documentation will be moving to cloud.google.com on August 22, 2022!
All the information you rely on will be migrated and all docs.looker.com URLs will be redirected to the appropriate page.
プロジェクトマニフェストパラメーター

プロジェクトにはプロジェクトマニフェストファイルが含まれている場合があります。このファイルは、現在のプロジェクトにインポートする他のプロジェクトを指定する、LookML定数を定義する、モデルのローカライズ設定を指定する、拡張機能カスタムビジュアリゼーションをプロジェクトに追加する、といったプロジェクトレベルの設定に使用されます。

現時点では、モデルのローカライズプロジェクトのインポートと互換性がありません。

各プロジェクトに1つのマニフェストファイルのみを含めることができます。ファイルは、名前がmanifest.lkmlであり、プロジェクトのディレクトリ構造のルートレベルになければなりません。

このページのリンクから、プロジェクトマニフェストレベルのLookMLパラメーターにジャンプできます。

使用例

パラメーター名にマウスオーバーすると、簡単な説明が表示されます。パラメーター名をクリックすると、そのページにジャンプします。
パラメーターをいくつかの特定のオプションのいずれかに設定できる場合は、デフォルト値が最初にリストされています。

# 構造的パラメーター
project_name: "現在のプロジェクト名"
new_lookml_runtime: yes
local_dependency: {
  project: "project_name"
  override_constant: constant_name {
    value: "ストリング値"
  }
}
# 必要に応じてlocal_dependency文を追加

remote_dependency: remote_project_name {
  url: "remote_project_url"
  ref: "remote_project_ref"
  override_constant: constant_name {
    value: "ストリング値"
  }
}
# 必要に応じてremote_dependency文を追加

constant: constant_name {
  value: "ストリング値"
  export: なし | override_optional | override_required
}
# 必要に応じてconstant文を追加

# ローカライズパラメーター
localization_settings: {
  localization_level: strict | permissive
  default_locale: locale_name
}

# 拡張フレームワークパラメーター
application: application_name {
  label:"アプリケーションラベル"
  url: "application_url"
  file: "application_file_path"
  entitlements: {
    # 目的の権限(applicationページを参照)
  }
}
# 必要に応じてapplication文を追加

# カスタムビジュアリゼーションパラメーター
visualization:{
  id: "unique-id"
  label:"Visualization Label"
  url: "visualization_url"
  sri_hash:"SRI hash"
  dependencies: ["dependency_url_1","dependency_url_2"]
  file: "visualization_file_path"
}
# 必要に応じてvisualization文を追加

パラメーター定義

パラメーター名 説明
構造的パラメーター
project_name 現在のプロジェクト名を指定します。
new_lookml_runtime LookMLプロジェクトの新しいLookML Runtimeを有効または無効にします。
local_dependency このプロジェクトと別のプロジェクトの依存関係を指定します。このパラメーターには、projectoverride_constantというサブパラメーターがあります。
project 取り込みたいファイルが含まれているプロジェクトを指定します。
remote_dependency 取り込むファイルが含まれているリモートプロジェクトを1つ以上指定します。このパラメーターには、urlrefというサブパラメーターがあります。override_constantというサブパラメーターもあります。
constant プロジェクト全体で使用可能なLookML定数を定義します。このパラメーターには、valueexportというサブパラメーターがあります。
ローカライズパラメーター
localization_settings モデルのローカライズ情報を指定します。このパラメーターには、default_localelocalization_levelというサブパラメーターがあります。
localization_level 翻訳のないストリングをモデルで許可するかどうかを指定します。
default_locale ストリングを翻訳する際にモデルのデフォルトとして使用されるロケールを指定します。
拡張フレームワークパラメーター
application Lookerの拡張フレームワーク用のアプリケーションを定義します。
label ユーザーに表示されるアプリケーションの名前を指定します。
url アプリケーションのURLを提供します。
file アプリケーションを定義するJavaScriptファイル(.js拡張を含む)へのパスを提供します。これは、プロジェクトルートを基準とする相対パスです。
entitlements アプリケーションの拡張機能へのアクセスを制御するエンタイトルメントを指定します。このパラメーターには、applicationパラメーターページにリストされている多数のサブパラメーターがあります。
カスタムビジュアリゼーションパラメーター
visualization Lookerプロジェクトのカスタムビジュアリゼーションを定義します。
id ビジュアリゼーションの一意の識別子を指定します。
label ユーザーに表示されるビジュアリゼーションの名前を指定します。
url ビジュアリゼーションのJavascriptファイルへのURLを入力します。
sri_hash ビジュアリゼーションのサブリソース整合性ハッシュを指定します。
dependencies ビジュアリゼーションのロードに必要なディペンデンシーURLの、コンマで区切りのリストを提供します。
file ビジュアリゼーションを定義するJavaScriptファイルへのパスを指定します。
Top