ユーザーガイド 基本情報 ヘルプセンター ドキュメンテーション コミュニティ トレーニング
Looker
  
English
Français
Deutsch
日本語
measure

使用方法

view: view_name {
  measure: field_name {}
}

階層

measure

許容値

メジャーに名前を付けるLooker識別子

定義

measureパラメーターは、新しいメジャー(集計)を宣言し、そのメジャーの名前を指定します。

メジャーの名前にはいくつかの基準があります。

このドキュメンテーションページで詳しく説明しているように、メジャーには多くのタイプがあります。

productsという名前のビューでproduct_countおよびtotal_valueという名前のメジャーを作成します。

view: products { measure: product_count { type: count } measure: total_value { sql: ${value} ;; type: sum } }

知っておくべきこと

結合されたビューのメジャー

結合を通じて、メジャー(集計)を得るには、結合に関連するすべてのビューで主キーを定義する必要があります。

これを行うには、primary_keyパラメーターを、各ビューの主キーフィールド定義に追加します。

dimension: id { type: number primary_key: yes }

結合されたメジャーを正しく処理するには、値が完全に一意で、非Null値となる主キーを指定することがLookerでは必要です。データに主キーが含まれていない場合は、複数のフィールドを連結して、完全に一意で非Null値の主キーとなるかどうか検討してください。主キーが一意でなかったり、Null値を含んでいたりする場合、クエリにこうした問題を示すデータが含まれていると、このヘルプセンターの記事で説明されているエラーがLookerから返されます。

他のメジャーに基づくメジャー

別のメジャーに基づくメジャーを定義することができます。新規メジャーにtype: numberを指定して、集計のネストに伴うエラーを回避する必要があります。例と説明については、メジャーのtype: numberのドキュメンテーションを参照してください。

Top