home ユーザーガイド 基本情報 ヘルプセンター ドキュメンテーション コミュニティ トレーニング 認証
menu
close
settings
Looker keyboard_arrow_down
language keyboard_arrow_down
English
Français
Deutsch
日本語
search
print
管理設定-アクション

[管理]メニューの[プラットフォーム]セクションの[アクション]ページでは、Lookerに統合されたサービスを利用できます。Lookerアクションハブまたは独自のプライベートアクションハブサーバーへの追加をリクエストするアクションを構築し、テストする方法を知りたい場合は、Sharing Data Through an Action Hubのドキュメンテーションページを参照してください。

Looker統合を使用するには、LookerアクションハブがLookerインスタンスと通信でき、これらの要件を満たしている必要があります。顧客ホスト型インスタンスの管理者は、LookerアクションハブからLooker統合を有効にする選択の際に、追加の要因を考慮する必要があるかもしれません。結果のストリーム化をサポートしたり、OAuthを使用したりする統合は、特にそうです。

アクションを有効にする

アクションリストの上部で[Refresh]をクリックして、新しいアクションについてLookerアクションハブサーバーを確認するようLookerに指示します。

Lookerの[アクション]ページに統合されているサービスにはそれぞれ独自の要件があります。このページで後述する統合のリストには、使用可能なサービスすべてが含まれている表があります。[How to Set Up This Action]列には、各サービスの設定と使用に関する記事へのリンクがあります。

最初に、統合サービスに必要なセットアップの手順を実行します。次に、そのサービスに必要な情報を指定して、Lookerで統合を有効にします。

統合を有効にするには:

  1. [管理]パネルの[プラットフォーム]セクションで[アクション]をクリックします。

  2. 有効にするサービスを見つけ、そのサービスの右にある[有効]ボタンをクリックします。

選択したサービスの有効化のページが表示されます。

  1. [Enabled]スイッチをオンにします。

  2. 必要な情報を入力します。サービスのアカウントからこの情報を取得できます。

  3. [保存]をクリックします。

統合サービスのリスト

次のリストには、現在Lookerに統合されているサービスが表示されています。またサービスに関する説明や次の情報も記載されています。

Slack統合では、ユーザーはOAuthを使用して、LookerコンテンツをSlackのダイレクトメッセージ、パブリックチャンネル、プライベートチャンネルで送信できます。これが利用できるのは、6.24以降のLookerホスト型のデプロイメントで、IP許可リスト機能が無効である場合です。

Top